文房具

レトロな表紙のスタンプ帳 旅の思い出づくりに

旅行するといろんな場所でスタンプする機会に会います。駅、道の駅、高速のサービスエリア、博物館、施設などなど。

スタンプするために紙を置いてくれているところもありますが、ないところも多い。

手近かの紙などにスタンプすると後でぐちゃぐちゃになってたり、もういいやって捨ててしまったりします。

そんな時にスタンプ帳があると思い出づくりに役立ちます。

このスタンプ帳の作りはシンプルです。
透明の手帳カバー、手帳カバー、スタンプ帳本体の構成になってます。手帳カバーを自分の好みに変更するのもいいですね。

使い方は上の写真の通りで、スタンプ、日付、場所とメモなど記入できます。

スタンプ帳には隣のページにインクがうつらないように挟む紙も付いています。

一枚目の表紙以外は上のような構成になっており、上の写真のデザインが31ページ+表紙1ページの計32枚。

紙はハード目になってます。インクを付けすぎなければ裏移りしなさそうです。

いろんなタイプのスタンプ帳があります。旅の思い出づくりにスタンプ帳如何でしょう?

それでは。

RELATED POST